주요메뉴 바로가기 본문 바로가기
  • LOGIN
  • 会員登録

ツアーバス

Hello Pyeongchang!

予約

ソウル発

江陵(カンヌン)・
平昌(ピョンチャン)

50USD

コース詳細

  • 月精寺

    月精寺 〈三国遺事〉によると、643年(善徳女王12年) 慈蔵律師が唐から文殊菩薩の感応で得た釈迦の舎利と大蔵経の一部を持って帰り、通度寺と共にこの寺を創建したという。寺に至る連結通路である杉並の道は、各種の植物やそこにある苔や蔦が深い森の中に入っている雰囲気を与え、たまにリスのような動物を見かけることもある。

  • 山菜ビビンパ

    山菜ビビンパ 江原道のオデサン(五台山)一帯で主に採れる山菜などを具材にしたビビンパ。 ビビンパは、ご飯とお総菜を一つの器に入れて混ぜて食べる料理で、各種のナムルや肉炒めなどを入れて作る。これは、韓国人が通常好きな料理で、各地方ごとに固有の特色を持っているが、炒めたコチュジャンやごま油を入れるとさらにうま味が増す。

  • アルペンシア・スキージャンプ台

    アルペンシア・スキージャンプ台 2018平昌冬季五輪当時、ノルディック複合、スキージャンプ、スノーボード大会が開かれた場所だ。

  • 烏竹軒

    烏竹軒 この建物は、韓国の住宅史に現存する遺構の中で最も古いものであり、とても重要だ。1452年に登第し、大司憲にまでなったチェ・ウンヒョン(崔應賢)の古宅にある別棟で、1536年には申師任堂(女流詩人であり画家)の息子で朝鮮中期のイ・ファンと共に最高の学者として称えられたイ・イが生まれた由緒ある場所だ。

  • 船橋荘

    船橋壮(烏竹軒へ経由できない際の代替場所) 1815年に建設、この家の敷地が船の先を連想させるので「船橋荘」と呼んでいるが、アンチェ、サランチェ、東別当、西別当、祠、東屋、ヘンランチェをすべて持っている邸宅で、朝鮮時代の上流階級の代表的な住宅の例だ。ヘンランチェの前の大きな敷地には、大きな池があり、東屋である活来亭がある。

  • ウォルファ(月花)通り

    月花(ウォルファ)通り 約1300年前、新羅時代の金無月郎と朴蓮花夫人の美しい恋の物語が語られるこの通りを無月郎の「月」と蓮花夫人の「花」 を取って「月花通り」と呼んでいる。

  • アンモク(安木)コーヒー通り

    安木(アンモク)通り コーヒー通り 忙しい日常の中で一時の休息を想像する。香ばしいコーヒー1杯と眼下に広がる海さえあれば、完ぺきな休息になるだろう。江陵コーヒー通りには、コーヒーと海が共存する。それだけ極上の休みを満喫できる。2016年「韓国観光の星」料理・テーマ通り部門で選ばれた江陵コーヒー通りに行ってみよう。

スケジュール

주요상품상세
スケジュール 時間 ツアーコース
1日 8:00 ソウル光化門発(サービスエリア立寄り)
11:00 月精寺到着、観覧
12:00 ランチ(山菜ビビンバ)
13:00 アルペンシアスキージャンプ台
14:30 烏竹軒(または船橋壮)観覧(解説士による案内)
15:30 月花通り、安木コーヒー通り
19:30 ソウル到着(サービスエリア立寄り)

バスツアー集合場所のご案内

  • 出発時間 : 8:00発
  • 集合場所:ソウル地下鉄5号線「光化門(クァンファムン)駅」6番出口、東和免税店前

注意事項

  • 旅行代金に含まれるもの : バス、通訳ガイド、観光地入場料、体験料、昼食、旅行者保険
  • 最少催行人数 :大人4名。旅行開始日3日前までに催行人数に満たない場合は中止となり、決済を完了された方には全額返金いたします。
  • ソウル市龍山区梨泰院路217 現代アンソンタワー4F 東宝旅行社
  • TEL : 02-3781-2600 FAX : 02-3781-2666
  • ⓒDongBo company. All rights reserved.
  • 강원도
  • 경상북도
  • 공주시
  • 담양군
  • 順天시
페이지 맨 위로 이동